看護師転職求人サイト比較【失敗しない】おすすめランキング

失敗しないおすすめ看護師転職サイトランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

看護師向けの求人や転職支援サイトは非常にたくさんありますが、当サイトでご紹介している比較のコツに倣って、医療機関からの信頼が厚く、求人の質と量に優れた転職サイトを3つご紹介します。ランキング形式でご案内はしていますが、どのサイトに登録されても、あなたの希望に合う求人に巡り会える可能性の高いサイトです。ぜひ参考にしてみてください。

 

東証一部上場企業ディップが運営する「ナースではたらこ」

ナースではたらこ サムネイル

 

運営会社の信用力

星4.5 

求人数

星4.5 

 

「ナースではたらこ」は、「はたらこねっと」、「バイトル」などでお馴染みの東証一部上場企業ディップ株式会社が運営するサービスです。運営期間が5年と他と比較すればまだ若いサービスですが、厚生省による職業紹介優良事業者認定も受けており、社会的信用力の高い転職サイトと言えます。

 

非公開求人を多数保有し、仮に希望する病院で求人が出ていない場合でも、希望する病院へコンサルタントがあなたに代わって求人状況や条件を確認する「逆指名」サービスがユニークです。

 

看護師専門のキャリア・アドバイザーによるトータルサポートを無料で受けることができ、看護師人材紹介満足度で第一位を獲得したこともあるなど看護師からの支持も高いサイトです。転職して半年後に貰えるお祝い金(最大10万円)も嬉しいポイント。

 

 

ベストベンチャー100のレバレジーズが運営する「看護のお仕事」

看護のお仕事 サムネイル

 

運営会社の信用力

星4 

求人数

星4 

 

看護のお仕事はレバレジーズ株式会社が運営する看護師の転職フルサポートサービスを提供しています。レバレジーズはベストベンチャー100に選出された急成長中の企業です。職業紹介優良事業者認定も受けており、上場企業と比較すればまだ若い企業ですが、高い信用力を持つ運営会社と言えます。

 

業界最大級の好条件の非公開求人を持っており、希望する医療機関に公開求人がなくても、キャリアアドバイザーが代わりに求人の有無の確認、雇用の交渉を行ってくれます。

 

経験豊富なキャリアアドバイザーが、あなたの本当に求める職場を無料で紹介してくれますが、「アドバイザーを女性に変えて欲しい」「連絡時間を変えたい」等の要望も受け付けてくれます。今なら「看護のお仕事」からの紹介で入職した場合、最大12万円の転職支援金をプレゼント中です。

 

 

リクルートが運営する信頼度抜群の「ナースフル」

ナースフル サムネイル

 

運営会社の信用力

星5 

求人数

星3 

 

ナースフルはリクルートが運営する看護師専門の転職サイトです。リクルートと言えば、とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上の転職を支援し、日本の就職・転職をリードしてきた、まさに転職のプロ集団です。そのリクルートが運営する転職サイトですので、他のサイトと比較して、医療機関からの信頼度は抜群です。

 

高給与、好条件の病院常勤の非公開求人を豊富に確保していますので、あなたの希望にあった求人を紹介して貰える可能性が最も高い看護師専門の転職サイトです。

 

またリクルートグループの中でも医療業界に長く携わってきたスペシャリストが、専任の転職キャリアアドバイザーとして転職に関する不安や不明点にプロの視点で回答・サポートしてくれます。

ナースフルの対象エリアは下記になりますので、ご注意下さい。

  • 首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城)
  • 関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀)
  • 東海(愛知)
  • 九州(福岡・熊本・大分)

 

トップへ戻る

看護師の転職事情

看護師の皆さんが転職を考える理由

看護師

 

あなたにとって看護師のお仕事とは何でしょうか?「人のためになる仕事をしたい」「患者に寄り添ったケアをしたい」という強い想いを持って看護師という仕事を選んだのに、その想いとは裏腹なお仕事の現状に悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

 

いま転職に関心を持っておられる背景には様々な事情があるでしょう。

 

妊娠・出産や結婚、子育て、ご自身の健康状態、転居など個人的な事情がある方。

 

勤務時間・超過勤務が長い、夜勤の負担が大きい、責任の重さや医療事故への不安、休みが取れない、職場の人間関係など職場環境に悩みのある方。

 

現時点で抱えている課題・悩みがどのようなものであれ、転職に関してきっと大きな希望と不安をお持ちと思います。

 

看護師の求人需要は高水準

現在、看護師の不足は国全体の課題となっており、看護師の求人需要は非常に高い状態が続いています。具体的には2025年には157万人の看護師(看護師+准看護師)が必要になるといわれていますが、厚生労働省の統計では2014年の就業看護師数は約143万人に留まっています。11年間で看護師を約14万人増やす必要があります。

 

さらに看護師が持っている看護技術は病院などの医療機関だけでなく、様々なサービス領域で重宝されるようになってきています。今後の看護師の就職環境は極めて明るい状態が継続すると考られています。

 

転職を考えている看護師の皆さんにとって高い需要は転職成功の追い風になってくれるでしょう。他の厳しい職種と比較すれば、羨ましく思えるほどの状況です。

 

しかし看護師不足のために看護現場の負担が増え、それが看護の仕事を続ける上での課題にもなっています。強い需要があるのは良いことなのですが、その需要に供給が追いつかず、現場が四苦八苦している状況が生まれています。仕事は大変でも、昨今の医療費削減の流れなかで待遇はなかなか改善していません。残念ながら、こうしたマイナスの影響を受けてしまう看護師が少なくないのが実態です。その結果、看護師が現在の職場を離れる率は年間10%以上とかなり高水準となっています。

 

看護師への求人需要が強いのは紛れもない事実ですが、希望通りの職場や待遇に出会うのは決して簡単ではありません。

トップへ戻る

 

転職成功の鍵は求人の質と量

あなたの転職が成功するかどうかは、求人の質と量にかかっています。

 

求人の質とは、自分が求める条件にどれだけ合致している求人かどうかという意味です。あなたが転職したいと思える求人がなければ始まりません。求人の質は転職の大前提となるポイントです。

 

また採用に至るためには、医療機関の求める人物像にあなたが合致していなければなりません。あなたがどんなに優れた技術・豊富な経験を有していたとしても、それが医療機関の求めるものでなければ残念ながらどうにもなりません。求人ごとにこういった相性の問題があるので、求人の量は多いほうが良いのです。

 

転職を志望される看護師の皆さんは、この最も重要な求人と質と量を転職サイトに期待すると良いでしょう。

トップへ戻る

看護師の転職サイトを比較

看護師専門の転職サイトとは?

そもそも看護師を対象とした転職サイトとはどのようなものでしょうか?ここでおさらいをしておきましょう。

 

看護師の転職サイトとは、厚生労働省から「有料職業紹介事業」の許可を受けた事業者が運営するサービスで、病院などの医療機関からの求人依頼を受けて、求人内容に合う人材を紹介する事業を行っています。そして紹介した人材が晴れて入職すると、人材紹介料を依頼主(医療機関)から受領します。この人材紹介料で、看護師の転職サイトは運営されています。そのため看護師の皆さんは転職サイトが提供するサービスを無料で利用することができます。

【職業紹介優良事業者認定制度】
職業紹介優良事業者推奨協議会が定める「行動指針」を遵守し、適正な業務運営と経営改善努力を行い、一定の基準をみたした事業者を「職業紹介優良事業者」として認定する国の制度です。
国が指定する審査機関によって認定されるものであるため、その認定が持つ信用力は絶大です。優良認定を受けた職業紹介事業者は「社会的信用」を向上させることができます。
看護師の転職サイトにおいても、サイトを選定する際の客観的で、信頼できる判断指標として利用できるものです。

転職サイトから求人を紹介してもらうためには、転職サイトに登録(無料)をします。登録は転職サイトのウェブサイトから数分で完了できる簡単なものです。登録を済ませて、キャリアアドバイザーと呼ばれる転職サイトのコンサルタントからカウンセリングを受けると求人を紹介して貰えるようになります。

 

どなたでも登録は可能ですが、たったひとつの条件は、あなたが「正看護師、准看護師、保健師、助産師のいずれかの資格を有していること」です。登録後に資格の確認をしますので、なりすましをすることはできません。

トップへ戻る

 

看護師の転職サイトを利用するメリット

看護師の方が転職をする際に、転職サイトを利用したほうが良いのでしょうか?

 

もしあなたが検討している求人が、知り合いのご紹介などによる非公開求人で、その知り合いから転職先となる医療機関の内情を知ることができる状態にあるのであれば、転職サイトを利用する意味はあまりないかもしれません。お知り合いがいることで条件の良い求人を紹介して貰え、あなたがその待遇に満足でき、職場環境の実態についても正しい情報が手に入るのであれば、大きなリスクはないと思います。

 

ですが、そうした極めて恵まれた状況にない大多数の方であれば、転職サイトを利用する価値は大いにあります

 

転職サイトを利用する最大のメリットは、看護師個人ではなかなか得ることができない求人の質と量です。仮にお知り合いから非公開求人を紹介されたとしても、その求人があなたにとって最良の求人である保証はどこにもなく、もっと希望にあう求人がどこかにあってもおかしくはありません。

 

個人で入手できる求人情報に限りがある以上、転職サイトを利用したほうが、利用しない場合に比較して、あなたの希望にあう求人に巡り合う可能性は高くなります。これは間違いありません。

 

その他にも、看護師の転職サイトを利用するメリットは色々あります。

  • 履歴書や職務経歴書の書き方を指導してくれる
  • 医療機関との日程調整を代わりにしてくれる
  • 内定の保留や辞退のやり取りも代行してくれる
  • 条件交渉や給与交渉を任せることができる
  • 円満退職のためのサポートをしてくれる
  • 転職サイトはすべて無料で利用できる

トップへ戻る

 

看護師の転職サイトを比較する2つの視点

無料で利用できるサービスでありながらメリットの多い転職サイトですが、すべてのサイトがおすすめできるほどの求人の質と量を持っているわけでもありません。どのみち登録するのであれば、条件の良い質の高い求人を数多く保有しているサイトに登録したほうが良いに決まっています。具体的に転職サイトを比較して、その良し悪しを判断するコツをご紹介します。

 

転職サイトの比較の視点@:求人の質

あなたにとって質の良い求人とは、あなたの希望する条件に合っている求人のことですが、そうした求人があるかどうかはやはり登録してみない限りはわかりません。ですのでここで比較しておきたい点は、一般的にみて条件の良い求人(職場環境や待遇が良い)が集まっているサイトかどうかという観点です。

 

他と比較して条件の良い求人は需要が高いため、応募したい人はたくさんいます。公開してしまうと申込みが殺到して採用側の負荷が高くなりすぎてしまうので、条件の良い求人はほぼ全てが非公開求人となっているのが実態です。ではその非公開求人は一体誰になら開示されるのでしょうか?

 

病院の看護部長などの採用側は、看護業務、管理業務で多忙を極めていますので、求める人物像に合っているかどうかわからない人とのやり取りに時間を割く余裕はありません。そのため病院の要件を正しく理解してくれる信頼のおける限られた職業紹介事業者だけに求人情報を開示します。そういう転職サイトであれば、期待に沿う人材だけを選りすぐって紹介してくれると考えるためです。言い換えれば、信頼のおけない転職サイトには求人を開示しようとはしません。

 

ですから比較したい点は、運営する会社に社会的信用があるサイトかどうかという点です。そういうサイトは医療機関からの信頼が厚く、質の高い求人が集まっているサイトと考えて良いでしょう。

 

転職サイトの比較の視点A:求人の量

一般に条件が良いとされる求人があっても、あなたの希望に合致するとは限りませんし、病院が必要としている人物像があなたとは違っていることもあります。ですから、求人の量も転職サイトを比較するときにチェックしておきたいポイントです。

 

そうはいっても、ただ求人が多ければ良いというものではありません。条件の良い非公開の求人が多い転職サイトを選ぶのが、転職成功の可能性を高める近道になりますが、残念ながら非公開求人の数は基本的に開示されていません。公開求人の数や登録施設数などで感触をつかむのが良いでしょう。

対応しているエリアには注意が必要です。全てのサイトが全てのエリアでサービスを行っているわけではなく、また強いエリアもあれば弱いエリアもあります。あなたの希望するエリアがちゃんと含まれているかどうかは前提条件として確認するようにしましょう。

トップへ戻る

 

看護師転職サイトの社会的信用力比較

看護師転職サイトが医療機関から高い信用を得て、非公開求人を任せてもらっているかどうかを客観的に判断するのは簡単ではありませんが、当サイトでは各看護師サイトの社会的な信用力を運営会社の信用力、運営歴の観点で比較をしてみました。

転職サイト 運営会社 運営歴
ナースフル 株式会社リクルートメディカルキャリア 2009年5月〜
ナースではたらこ ディップ株式会社 2009年9月〜
看護のお仕事 レバレジーズ株式会社 2009年10月〜
マイナビ看護師 株式会社マイナビ 2000年7月〜(注)
ジョブデポ看護師 with Career株式会社 2010年〜

注:転職希望者向け求人情報サイト「毎日キャリアナビ」開始。

 

おすすめ転職サイトランキングで紹介した「ナースフル」、「ナースではたらこ」、「看護のお仕事」はいずれも信用力の高い企業による運営で、運営歴も十分なサービスとなっています。その他、株式会社マイナビが運営する「マイナビ看護師」も運営会社、運営歴ともに安心できるサービスになっています。

 

ナースフルを運営する株式会社リクルートメディカルキャリアは、転職のプロ集団リクルートのなかで医師・看護師・薬剤師に特化した支援サービスを提供しています。

 

ナースではたらこの運営会社、ディップ株式会社は「はたらこねっと」や「バイトル」といった求人情報サイトを運営する東証一部上場企業です。

 

看護のお仕事を運営するレバレジーズ株式会社は、ベストベンチャー100にも選出された急成長中の企業になります。

 

マイナビ看護師を運営する、株式会社マイナビは皆さんご存知の毎日新聞社の関連会社として設立された大手人材広告企業です。非上場企業ですが、毎日新聞関連企業ということで高い信用力を持っています。

 

こうした社会的信用力の高い転職サイトであれば、医療機関から信頼され、大切な非公開求人を任せて貰える可能性は高いと言えるでしょう。

トップへ戻る

 

看護師転職サイトの求人数を比較

希望の条件に合う求人に出会う可能性を高めるためには、求人数の多い看護師専門の転職サイトを活用するのが効果的です。非公開求人数は比較ができませんので、公開されている求人数を比較してみます。主要地域別に比較してみましたので、ご利用になる転職サイト選びの参考になさってください。

 

看護師転職サイト求人数比較表(東京)

ランク 転職サイト 求人数
1位 ジョブデポ看護師 24,516件
2位 ナースではたらこ 14,048件
3位 看護のお仕事 6,317件
4位 マイナビ看護師 3,523件
5位 ナースフル 1,153件

表中の求人数は2017年1月28日時点の公開求人の数を、各サイトから抽出したものです。

 

東京は全国都道府県の中でも、クリニック・病院数ともに最も数が多いエリア。高度医療から在宅医療まで看護師求人数も最大です。特徴的なのは、人口10万人に対するクリニックが95.6施設と平均より17.7施設も多いこと。地域住民の健康を守るアットホームなクリニックが多いようです。お洒落な街の雰囲気に合わせた、綺麗なクリニックも多くあります。

 

一方で、最先端の医療技術を扱う大規模病院が多いのも特徴のひとつ。東京は向上心のある人なら、どんどん成長することが可能なとても恵まれた環境です。仕事後のプライベートも充実。ショッピングや食事、リラクゼーションなど思いっきり楽しむことができます。

 

東京の看護師求人数がもっとも多かったのは、ジョブデポ看護師。2位の2倍近い数の求人の量を取り扱っています。運営するwith Career社は非常に若い会社ですが、「より働きやすい環境で」「より条件の良い所で」働けるよう、情報量の増加に努めていて、東京に限らず全国的に求人件数が最大級のサイトになっています。

 

求人件数もお祝い金も最大級!ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師

ジョブデポ看護師は、広告にお金を使わずに、徹底したサービスと他社を上回る求人情報量、そしてお祝い金のお支払いにより「看護師から圧倒的な支持を集める転職サイト」を実現するサイトです。求人数は国内最大級、他のサイトを大きく上回るお祝い金は40万円となっています。

 

看護師転職サイト求人数比較表(大阪)

ランク 転職サイト 求人数
1位 ナースではたらこ 9,412件
2位 ジョブデポ看護師 4,602件
3位 看護のお仕事 3,805件
4位 マイナビ看護師 1,031件
5位 ナースフル 725件

表中の求人数は2017年1月28日時点の公開求人の数を、各サイトから抽出したものです。

 

大阪は世界に通用する医療水準のレベルアップを図っている地域。りんくう国際医療特区や世界的な再生医療拠点として注目されているエリアです。大阪府には病院とクリニックで約8760施設あり、全国平均が約2301施設なので、4倍近くの施設があることになります。大病院が数多く存在し、医療の現場の慢性的な人出不足もあって看護師の求人は容易に見つけることができます。都市の周辺エリアにも大小様々な病院が存在しており、看護師の求人の選択肢は多岐に渡っています。

 

大阪には仕事の疲れを笑いで吹っ飛ばすしてくれる「なんばグランド花月」や注目の「USJ」など、娯楽施設が数多くありオフもとても充実しています。

 

大阪の看護師求人数がもっとも多かったのは、ナースではたらこ。東京で1位だったジョブデポの2倍以上の求人を取り扱っています。ナースではたらこは、大阪で看護師の求人を探している人はチェックしておきたい転職サイトですね。

 

看護師の満足度No.1 ナースではたらこ

ナースではたらこ サムネイル

 

「ナースではたらこ」は、「はたらこねっと」、「バイトル」などでお馴染みの東証一部上場企業ディップ株式会社が運営するサービスです。運営期間が5年と他と比較すればまだ若いサービスですが、厚生省による職業紹介優良事業者認定も受けており、社会的信用力の高い転職サイトと言えます。

 

非公開求人を多数保有し、仮に希望する病院で求人が出ていない場合でも、希望する病院へコンサルタントがあなたに代わって求人状況や条件を確認する「逆指名」サービスがユニークです。

 

看護師専門のキャリア・アドバイザーによるトータルサポートを無料で受けることができ、看護師人材紹介満足度で第一位を獲得したこともあるなど看護師からの支持も高いサイトです。転職して半年後に貰えるお祝い金(最大10万円)も嬉しいポイント。

 

トップへ戻る

看護師転職サイトを利用された方の口コミ

看護師 口コミ

 

看護師の転職サイトのウェブサイトには、転職サイトを実際に利用して転職に成功された看護師の方々の生の声が掲載されています。

 

著作権の関係で転載ができないため、ここで詳しい内容をご紹介することはできないのですが、様々なタイプの転職ケースに関する口コミを閲覧することが出来るようになっています。

  • 遠方への引っ越しと転職を実現したケース
  • 有給消化100%で育児と仕事の両立を実現したケース
  • 充実の福利厚生で人間関係の悩みを解決したケース
  • 認定看護師支援が充実した転職先でやりがいを見つけたケース
  • 育児に理解のある環境を見つけたシングルマザーのケース
  • 難しい勤務時間の制約にピッタリの転職を実現したケース
  • 育児中でも、スキルアップを目指せる環境に転職できたケース
  • 高齢出産からの復職でも、日勤・残業なし・高給与を実現したケース

など、多彩な転職成功例がたくさん掲載されていますのでとても参考になります。

 

転職活動の過程で転職サイトからどのようなサポートが得られたのかも詳しく記されているので転職サイトの比較にも役立ちます。どの転職サイトに登録するか迷った際にも、決める手助けになってくれると思います。

トップへ戻る

しつこいコンサルタントの断り方

看護師 NGサイン

 

せっかく転職サイトに登録をしても、担当になったコンサルタントがしつこいタイプだったり、転職を強引に迫ってきたりしたら困ってしまいます。コンサルタントにはこちらの立場に立ってサポートをして欲しいものですよね。

 

そんな心配があると、転職サイトに興味はあっても、登録を迷ってしまうのは当然のことだと思います。

 

当ページでおすすめしている質の高い転職サイトであればコンサルタントの教育・評価もしっかりしていますので、そうした質の低いコンサルタントが担当になる可能性はほとんどありませんが、それでも可能性が全くないとは言えません。

 

そうしたトラブルを解決するために、良質な転職サイトは看護師の方向けの相談窓口を設置しています。

 

先に挙げたような問題のあるコンサルタントはもちろん、コンサルタントとの相性の良くない場合なども、相談窓口に依頼することで担当を変更してもらうこともできます。

 

ただ変更をおまかせするだけでなく、女性のコンサルタントに担当して欲しいといったリクエストもできますので、悩みを抱える前に相談してしまいましょう。

トップへ戻る

複数の看護師転職サイトに登録するメリットとデメリット

指で3を示す看護師 

 

転職サイトを利用される動機やきっかけはいろいろあると思いますが、本気で転職を考えているのであれば、複数の転職サイトへ登録したほうが良いです。少なくとも2サイト、理想的には3サイトです。

 

複数の転職サイトに登録するメリットは転職の成功の可能性が高くなるためです。

 

転職の成功は、希望する病院などの医療機関から内定を貰い入職することだけではありませんよね。

 

どこでどんな経験をどれくらいの期間を積むか、どんなスキルを身に付けるかはご自身のキャリア設計の中でとても重要なことです。いまの自分の力量を客観的に評価して、長期的なキャリアプランのゴールを考えたときに、次のステップとしてどのような職場・仕事内容を選ぶのが良いかという点が極めて大きな意味を持ちます。

 

自分のキャリアの中で、正しい転職先・仕事内容にステップアップ出来ているのかどうか、という視点が抜けてしまうと本当の意味での転職の成功とは言えないでしょう。

 

複数の転職サイトを利用することの具体的なメリットは次の2点に集約されます。

  • 最良のキャリアパスと客観的な自己評価が得られる
  • 選択できる求人数が飛躍的に多くなる

これによって、本当の意味での転職の成功に一歩近づくことができます。具体的に説明していきます。

 

最良のキャリアパスと客観的な自己評価が得られる

転職サイトに登録すると、あなた専任のコンサルタントが付きます。現在の職場での悩みや将来の看護師の仕事の目標、これまでの看護師としての経験、希望する仕事内容・勤務形態・待遇など、様々なことをお話していくことになります。

 

コンサルタントはこうした情報を受けてあなたに合っていると思われる求人を探して紹介してくれます。しかし、果たしてそれがあなたにとって本当にベストな求人なのでしょうか?

 

看護師のスキル・経験を活かせる仕事は非常に多岐にわたり、医療機関の枠を超えて様々なサービス業種で必要とされるようになっています。そうした多様な働き方とあなたの仕事への想いを適切にマッチングさせるには多くの経験を必要とします。

 

また、看護師として目標に近づくための道のりは一本ではありません。看護師一人ひとりの置かれた状況が異なる以上、あなたにはあなたの最良な道筋があるはずです。

 

コンサルタントはあなたよりも多くの方の看護師のキャリア形成を見守り、支援してきた立場ですから、その豊富な経験にもとづいて有意義なアドバイスができるはずです。しかし、それでも一人のコンサルタントの経験には限界があります。医療においてもセカンドピニオン、サードオピニオンが必要とされるように、複数のコンサルタントから意見を伺うことはキャリア診断の精度を上げるためにも非常に有益です。

 

二人では意見に違いが合った場合の評価が難しいので、三人のコンサルタントから意見を貰えるのがベストです。そうすれば比較をすることで適切な評価が可能です。

 

現在の自分のスキルや経験を評価する上でも同じことが言えます。正しい現在位置がわかってこそ、次にどこへ向かえば良いかが判断できるものです。複数のコンサルタントの意見を比較しながら、精度の高い自己評価をすることはとても効果的なアプローチです。

トップへ戻る

 

選択できる求人数が飛躍的に多くなる

当サイトでおすすめしている大手の転職サイトは他サイトに比較して多くの求人情報を持っています。それでもすべての医療機関、看護師求人を網羅しているわけではありません。

 

転職サイトによって力を入れているエリア・分野に違いもありますし、医療機関側としても、ひとつの転職サイトに依存するのはリスクがあるので、複数のサイトに求人を分散させているという事情もあります。そうした背景があるため、ひとつの転職サイトですべての求人を網羅するということは不可能です。

 

複数の転職サイトに登録するもう一つの意義はこの点にあります。複数の転職サイトを利用することで、求人という選択肢を増やすことができるのです。選択肢が多ければ多いほど、あなたにあった求人が見つかる可能性が高くなるのは当然です。また同じ求人があったとしても、複数のコンサルタントから意見を貰えば、その求人の質を客観的に評価することにも役立ちます。

 

繰り返しになりますが、看護師の転職の成功は単に別の病院に入職することだけはないはずです。ご自身のキャリアや働き方にとって最良の転職を実現するためには、複数のコンサルタントの意見を比較・検討しながら、自分が納得した上で最終判断するのが最高の進め方だと思います。

トップへ戻る

 

複数の転職サイトに登録するデメリット

複数の看護師転職サイトを利用することによるメリットと比較すると、デメリットはほんのわずかなものです。複数サイトに登録をすれば複数のコンサルタントとのやり取りが発生しますので、その管理に掛かる手間はひとつのサイトの場合と比較すれば大きくなってしまいます。

 

複数のコンサルタントと面談をしたり、紹介してくれた求人情報の比較・確認に掛かる手間は小さくはありませんが、転職してからあとで後悔することを考えれば、その苦労も乗り越えられるものだと思います。

 

転職を失敗したからといって元の職場に戻ることは簡単ではなく、改めて転職活動をしなければなりません。あとあとそんな苦労をするぐらいであれば、最初から念入りに頑張っておいた方が楽なのではないでしょうか?

実際、転職に成功した人が登録していた転職サイトの数は平均4.2サイトという調査結果もあります。(リクナビNEXT)

 

看護師転職サイトの登録・利用は無料ですので、本気で転職を考えるなら、複数サイトの比較・利用をおすすめします。

 

東証一部上場企業ディップが運営する「ナースではたらこ」

ナースではたらこ サムネイル

 

「ナースではたらこ」は、「はたらこねっと」、「バイトル」などでお馴染みの東証一部上場企業ディップ株式会社が運営するサービスです。運営期間が5年と他と比較すればまだ若いサービスですが、厚生省による職業紹介優良事業者認定も受けており、社会的信用力の高い転職サイトと言えます。

 

 

ベストベンチャー100のレバレジーズが運営する「看護のお仕事」

看護のお仕事 サムネイル

 

看護のお仕事はレバレジーズ株式会社が運営する看護師の転職フルサポートサービスを提供しています。レバレジーズはベストベンチャー100に選出された急成長中の企業です。職業紹介優良事業者認定も受けており、上場企業と比較すればまだ若い企業ですが、高い信用力を持つ運営会社と言えます。

 

 

リクルートが運営する信頼度抜群の「ナースフル」

ナースフル サムネイル

 

ナースフルはリクルートが運営する看護師専門の転職サイトです。リクルートと言えば、とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上の転職を支援し、日本の就職・転職をリードしてきた、まさに転職のプロ集団です。そのリクルートが運営する転職サイトですので、他のサイトと比較して、医療機関からの信頼度は抜群です。

 

 

トップへ戻る

私的「比較」論

比較とは、二つ以上の対象を多種の視点から観察して、対象の間にある類似性や差異性を明確化する思考プロセスです。比較は、自然科学においては、確かな知識を獲得するための方法のひとつとされており、古代より、動植物を類型に類するために利用され、発展してきたものです。それでは現在社会における私達一般市民にとっての比較とはどのような意味を持つのでしょうか?

 

私達のとっていちばん身近な比較の事例は、比較購買ではないでしょうか?モノが溢れ、生活する上で必要最低限のものはすでに飽和状態にある現代では、比較購買が頻繁に行われています。インターネットによって、比較の材料となる多くの情報が豊富にあることも、積極的な比較行動に拍車を掛けていると言えるでしょう。

 

特に平成バブルの崩壊以降、永らくつづく景気・消費低迷期においては、消費者の購買行動は、これまで以上に選択的スタイルに変化してきました。本当にほしいと思える商品やサービスがなければ選ぶことすらしない(候補の中から何も買わない)という無の選択も当たり前となりました。

 

比較購買は、商品やサービスの購入検討の際に、複数のメーカー、ブランド、モデルを比較したり、小売店やディーラーのサービスや値段、付加価値などを比較してから購入する消費者行動を指しています。現在では、多少な商品・サービスの選択肢があり、そうしたモノに関する情報を手に入れやすい環境が整っています。こうした環境が、消費者の積極的な比較購買を促していると言えるでしょう。

 

モノの購買経験を重ねることで、消費者はメーカーやブランド、販売店に関する自分なりの認知・評価を形成しています。そしてさらに良いモノを見つけようと精力的な情報収集を続けています。そうした消費者ニーズに応えるように登場したのが、各種の比較やランキングサイト、口コミサイトなどのインターネット上のサービスです。また情報が膨大すぎて、消費者の整理・理解能力を超えてしまうケースも珍しくなく、そのためのキュレーションメディアなどが台頭するほどです。いずれのサービスも、消費者購買においてますます強まる比較欲求を満たそうとするためのものと言えます。

 

では比較した結果、満足の行く選択をするためのカギはどこにあるのでしょうか?よりよい選択のためには、複数の候補を揃える必要があります。単品ではその良し悪しを判断することが難しいからです。では複数の候補が揃えば、比較ができ、良い結果を得られるのでしょうか?

 

答えはNOです。満足のいく比較結果を得るためには、明確な比較の視点が用意されていなければなりません。もっとも代表的な比較の視点の例を挙げれば、価格があります。価格という比較視点が用意されれば、どの商品が安いか、高いかを明確に判断することができます。実際の比較では、複数の視点を組み合わせて比較を行い、候補間の優劣を評価することになりますが、大事なことは、何を比較の視点に選定するのか、どの視点を重視するのかによって比較の結果として得られる評価が変わってくるということです。

 

言い換えれば、比較をする主体となる人が変われば、比較する視点も、重視する視点も変わり、評価が変わってくるということです。ですから、比較をするということは、比較をする視点を決定することに他ならず、もし自分以外の人間が用意した結果を参考にする場合は、その比較の背景にあるストーリーをしっかりと理解して、同意できるかどうかが大切です。なぜその視点が大切なのか、という比較のコアの部分が不明確であったり、そこに同意できない場合は、その結果から発せられるメッセージは消費者にとっての毒にしかなりません。

参考文献

公益社団法人 日本看護協会
・専門看護師・認定看護師・認定看護管理者
・eナースセンター

 

日本医療労働組合連合会
・看護職員の労働実態調査2014

 

トップへ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加